スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャデラックさん公演近づく

ブログ仲間キャデラックさんの公演がいよいよ明日から始まります。
先日電話で話しをした時は、元気な声の中にもいろんなプレッシャーや疲れを
感じ取ることができました。
主宰として公演が無事に終わるまではたいへんな気遣いがあることでしょう。


僕達夫婦は明後日15日の公演を見に行きます
本当は日帰りで行くつもりだったのですが、
義母の心遣いで今治で1泊することに。
お義母さん、ありがとうございます!
幼稚園のお弁当2個作るのはたいへんでしょうが、よろしくお願いします

公演終了後には舞台裏を見学、キャデさんが打ち上げに行くまでは
やっこさんも一緒に茶をしばくことになりました


久々に夫婦だけでのおでかけ。子ども達には悪いがゆっくりさせて頂きます
最近ちょっと遊びすぎではっ!?との声もありますが、
遊べる時には遊ばないと!
今、この瞬間は待ってくれないので、その時その瞬間を楽しみたいと思います
まぁ勝手な解釈やけどね(爆)

あぁ~楽しみやな~。
今日、明日としっかり仕事を頑張りますわ



nueposter.jpg

未来演劇K-プロジェクト 第6回公演「鵺の穴 慟哭編」
(ぬえのあな どうこくへん) 作・演出/白石美香(←キャデラック)

昨年、今治・松山で好評を得た舞台「鵺の穴」を新たな演出で上演します。

【と き】9月14日(日)19:00~、15日(祝)14:00~
【ところ】今治市中央住民センター4階大ホール

【チケット販売店】フジグラン今治、明屋書店今治本店、デュークショップ松山店

前売/一般 1000円 ・ 高校生以下 500円
当日/一般 1500円 ・ 高校生以下1000円

【鵺の穴 慟哭編 あらすじ】
念じて打ち鳴らすと天から火の玉が降ってくる火降りの石。丙(ひのえ)の国の長「イサ」は、火降りの石を使って隣国の侵略から免れてきた。しかし突然、石がその力を失ってしまう。
新しい火降りの石を手に入れようと「鵺の穴」に向かったイサが出会ったのは自らを「鵺(ぬえ)」と名乗る3人の妖だった…。
現代社会に通じる、人間の葛藤がおりなすファンタジー。
スポンサーサイト
プロフィール

oniko

Author:oniko
家族構成は
父さん → モアイ(40代突入)
母さん → oniko(同級生)
長 男 → 長男M(中2)
長 女 → 長女K(小3)
次 女 → 次女F(小2)
次 男 → 次男I(1歳)

いくつになった?
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
カテゴリー
リンク
モアイとばし
月別アーカイブ
メールフォーム
お問い合わせなどありましたらこちらからメールして下さいね。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。