スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の話その②

今日もまた星の話を書きます。あまり興味ないかな

今、夜空を見上げると、西の空にひと際明るい星が見えるでしょう一番星ってやつですね~。全く夜空を見上げておられない方は是非今夜、見上げて下さい。

あれは金星なんですよ。そしてその金星の左ななめ上には土星があります。ちなみに惑星は他の星々と違って、いつも同じ場所にあるわけではありません。今はたまたまその場所にあるだけなんですよ。

恒星(太陽のように自分で光っている星)と惑星の見分け方は、ジ~ッと見ていると、恒星はチカチカと瞬いています。惑星は比較的(大気の状態による)チカチカせずにピカーッと光っています。
その違いで恒星か惑星かを見分けます。

今、土星が見ごろだそうです。
sat07.jpg

この土星。小さな望遠鏡で見ても、輪は確認できます。この輪を見た時は感動しますよ
木星も縞模様が見えて感動しますが、やはり土星が一番
もし望遠鏡で星を見る機会があれば土星は見て下さい
100%感動します

昨日書いた宇宙の距離の話。昨夜また図鑑を見ていると面白い例が書いてありました。

太陽に一番近い恒星は4.3光年の距離があります。
この恒星はケンタウルス座のプロキシマという名前の星です。

太陽をゴルフボールの大きさと仮定して、東京に置きます。
東京のどこ?という細かいことは無しとして、地球は5mほど離れた場所にあります。
太陽系の一番遠い惑星「冥王星」←最近この冥王星が惑星かどうかで揉めていましたね。一応違う!という結論になりましたが、反対論も多いです。
この冥王星は200mほど離れた場所にあります。

そしてプロキシマは、九州のずっと南にある奄美大島くらいまで離れた距離にあるそうです。

フムフム、なるほど
すごいわかるようで、さっぱり距離感が掴めませんな~
要はめちゃくちゃ遠いやんということなんですね~(笑)

こういうわかるようでよくわからない例がすごい好きなんです。

また七夕とかになったら、天の川の話や夏の星座の話も書きたいと思います。

僕って意外とロマンティストでっしゃろ?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

oniko

Author:oniko
家族構成は
父さん → モアイ(40代突入)
母さん → oniko(同級生)
長 男 → 長男M(中2)
長 女 → 長女K(小3)
次 女 → 次女F(小2)
次 男 → 次男I(1歳)

いくつになった?
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
カテゴリー
リンク
モアイとばし
月別アーカイブ
メールフォーム
お問い合わせなどありましたらこちらからメールして下さいね。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。