スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙

何日か前の深夜ニュース番組『NEWS ZERO』で、投票日に一番に行くと
ある特権があると言っていました。
それを聞いた僕は

『こりゃ~、一番乗りしてこの特権を受けたい

ということで、今朝5分前に投票場である小学校の体育館に行きました

もしかしたら、あのニュースを見た人が『俺も!私も!わしも!あたいも!おいらも!わても!おいどんも!おらも!』と既に行列ができているんちゃうやろか と急いで車を走らせたんやけど、
小学校の校門前に僕よりも早く入る車を発見

『やばい!先起こされるやんかっ

でも車を見ると、シルバーマークを付けた老夫婦であることを確認。

『これはさっさと車を降りたら、大丈夫やっ

駐車場に付くと体育館の前に並んでいる人は誰もいなかったので、さっさと駐車して、早足で体育館の入り口へ行きました

入り口では管理委員の方々がまだ準備中。

『もう少しお待ち下さい』とのことで、入り口から3歩ほど離れて待っていました。

すると先ほどの老夫婦のおじいちゃんがすぐ横に来て

『まだ入られへんのかいな』と聞いてきた。

『まだだそうですよ』

もしかしてこのおじいちゃんは毎回一番乗りをしていて、特権を知っている人かもしれんゾ~
こういう人って図々しく先に割り込んで入る可能性も無きにしも非ず。

深読みした僕はさり気なく入り口のドアの真ん前、誰も先には行けない場所に仁王立ちした

これで一番乗りは間違いなし

そしてようやく7時となり、

『お入り下さい』との事。

早足で入場

受付を終わり、いよいよ一番乗りの特権の瞬間が~

『一番の方には投票箱に何も入っていないことを確認して頂きます』

『あっそうですか 確かに何も入っていませんね

そう、一番乗りの特権とは、 「投票箱の中を確認できる」

ということ
ただそれだけ

ニュースで言っていたことと一緒でした~
何だかちと優越感でいっぱい

ほんとたったそれだけのことなんですが、朝からちょっとしたバトル(?)を繰り広げてきました(笑)

皆さんは選挙に行きましたか

スポンサーサイト

コメント

§ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

§ となりのTさん

是非次回は一番乗りを目指して下さい。
まぁ、サティで何人かにこの話をしたけど、
「へぇ~そうなん。。。」
で終わりですけどね(笑)

§ No title

へ~。
一番の人はそんな特権があったとは?!

今回の選挙は年金問題が焦点なのは間違いないでしょうけど、どこの政党も上手い事を言いつつ、マニフェスト読むと小さく「××はしません」とか「○○を除いて実行します」とか書いてあったりするんですよね^^;

なかなか難しいです。

§ さうすさん

自分で記事を読み返しながら、なんかおかしい文章やな~、と思っていたのですが、
「特典」じゃなくて「特権」でしたね。
さうすさんのコメントを見て気付きました(笑)
訂正しておきました。
お恥ずかしい。。。

マニフェストを読んでも、わかるようでわからないみたいな(笑)
今回は安倍政権下初の国政選挙なので、興味深々です。

§ No title

わても!おいどんも!
・・・って(≧▽≦)

それにしても早起きですねー。
それだけ気合を入れて向かったのが報われてよかったですねe-287

今回の選挙はどんな結果になるのか、いつにも増して気になりますー。

§ おサル’sままさん

ほんと一番乗りできてよかったですよ~。
「おいどんも!わても!わしも!」という人が誰一人としていなくてよかったです(笑)

昨日はひたすら選挙結果を見てました。
ある程度予測できた結果。でもここまで大差がつくとは!
今後の展開が楽しみです。

まぁ、児童手当1人25000円にだけ早くしてほしいですね~。民主党さん、マニフェスト守って下さいよ~、と願う我が家でした(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

oniko

Author:oniko
家族構成は
父さん → モアイ(40代突入)
母さん → oniko(同級生)
長 男 → 長男M(中2)
長 女 → 長女K(小3)
次 女 → 次女F(小2)
次 男 → 次男I(1歳)

いくつになった?
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
フリーエリア
カテゴリー
リンク
モアイとばし
月別アーカイブ
メールフォーム
お問い合わせなどありましたらこちらからメールして下さいね。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。